文字の大きさ

search icon

検索

MENU

検索

ビッグローブ「節約に関する意識調査」を実施

節約 icon 節約

2022.09.21

円安・物価上昇で「不安を感じる」7割以上

ビッグローブ株式会社は、全国の18歳から59歳までの男女1,000人を対象に「節約に関する意識調査」を実施しました。

「円安・物価上昇が続く中、生活に関して」いくつかの質問をしたところ「不安を感じる人」が74.3%、「節約をしている」が71.6%、「収入を増やすことを考えている」が66%、「生活が苦しくなったと感じる」が60.7%の回答がありました。

節約している人の多くは「ポイントをためる」

次に「節約をしている」と回答した男女716人に対して節約方法を聞いてみると、最も多かったのは「ポイントをためる」が77%でした。

続いて「自炊をする」が56.4%、「水・電気・ガスの使用を減らす」が51.8%、「格安スマホに変える」が26.8%という結果になりました。

「節電ポイント制度」の認知が低い

「節電ポイントについて」質問をしたところ、「知らない」が53.9%、「知っているが参加していない」が33.4%、「知っており参加している」が12.7%でした。

節約方法の1位は「ポイントをためる」との結果でしたが、「節電ポイント」については、知らない人が5割を超えていることが分かります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ビッグローブ株式会社のプレスリリース